旅での出会いについて。

今日はブログを書き始めて始めて酔っ払いながら書いている。そんこともあって内容も少し重い系。

 

旅での出会いについて、すごく思ったことがあったので書きたいと思う。

今は伊寧というカザフスタンとの国境近くの町に来ている。そこは近くにラベンダー畑や、サリム湖といった観光地が多いため、観光客も多少なりいて、ホステルは連日賑わっている。

 

そんなホステルで知り合った二人組みの男性と、今まで一緒に旅してきた中国人のJ君と前回のブログで書いたSさんと交えて、5人でラベンダー畑、国境の町へ観光に行った。

観光は特に変わったことなく、可もなく不可もなく楽しんだ。そして帰ってきて、少し休んでから皆で夕飯を食べることに。すこぶる天気が良くて、俺も予定では明日カザフスタンに行くということで酒が進む。結構酔っ払ってしまった。しかしとても楽しかった。前述した二人組の男性は一切英語が喋れないが、顔から滲み出てくるいい人オーラ。食事中も彼らの会話は一切わからなかったが、J君が訳してくれた数少ない内容を元にすると、「きっともう一度会おう!日本でも、中国でも」といった内容であった。俺は「of course!」と答えた。社交辞令ではなく、もちろん本心から。でも、これが旅の出会いなんだなと感じた。

彼らとはとても楽しい時間を味わったし、出来ることならもちろん会いたい。本気で会いたいと思って「of course」と答えた。でも、俺が今後中国にくる可能性、彼らが日本に来る可能性を冷静に考えたらもう一度会える可能性は限りなくゼロに近い。SNSが発展したこの現代において、以前よりかは可能性が上がるとしても、たかだか今日一日、二日の出会いで今後また会う可能性は限りなく低い。それは心の片隅に自覚しつつも、本気で「of course!」と答えている。ああ、これが旅の出会いなんだな、痛感した。そして何よりも、仮に出会えたとしても出会わない方がいいんだ。今日の彼らとの最高の思い出をアップデートするべきでは無いんだ、そう思った。この、ほぼ限りなく再開は出来ないだろう、出来たとしてもしない方がいいだろう、それでも本気で再開したいと思う、これが旅での出会いであり、旅での別れなのだろう。

 

「一期一会」。昔は気軽にネタみたいでこの言葉を使っていたが、今日初めてこの言葉の意味を感じる。映画「スタンドバイミー」の中で心に残っているフレーズに、「友とは出来ては別れていくもの」というものがある。人生を凝縮したような旅にこの言葉の意味を深く感じる。

人と出会い、分かり合い、そして別れていく。人生とはそういうもので、それを重ねることが人生の深みなのか、と思った。ああ、年を取ったな。おやすみ。