中国人を見て、いいな、と思うところ

中国に来て1ヶ月ちょい経つ訳だが、中国の習慣で一ついいなと思ったことを書いておく。

 

中国人はご飯を食べる時、みんなで一緒に食べるのだ。小さなレストランにしろ、ホステルにしろ、お昼時になるとみんなで一緒に大きな皿を囲んで食べている。日本みたいに弁当だったり、一人分の定食だったりしない。

確かに営業中にも関わらずみんなでぞろぞろご飯を食べだし、その間にお客さんが来たら一人が食事を中断して随時対応するわけだが、日本の感覚からするとサービスが悪い、マナー違反と言いたくなるのも分かる。しかし、少なくとも俺の感覚だと、従業員がみんなで飯を食べていても嫌な気はしない。その間は対応してくれないならまだしも、ちゃんと対応してくれるのだし、こちらには害はない。

 

俺もホステルにて何度かご一緒させてもらったことあるが、みんなワイワイ仲良く話していて楽しそう。ホステルの場合はお客さんを交えて食べることもわりとあるみたいで、従業員とお客さんが、恐らくその日に初めて会っただろうにすごく楽しそうに話している。内容はわからないが、よく笑っていて気を使っているという感じではない。みんなで食事を楽しもう、という意思が伝わってくる。おまけに中国人がつくる家庭料理はどれもわりと美味しいので、食費も浮くしとても嬉しいお誘いである。

 

日本と中国のマナーについては色々と対比出来ることは多い。確かに中国人のマナーの悪さに閉口することもあるが、逆に日本人は他人に気を使い過ぎていて疲れていないだろうか。中国人はその点とても楽しそうである。中国人になれとはもちろん言わないが、高ストレス社会の日本人は色々と考え直すべきことは多いかなぁと思う。あんな恵まれた国なのに、1日に100人以上自殺しているのだ。

 

ちなみに今晩も食事に誘われて、今日はお前が日本の料理を作れ!と言われた。普段さして料理なんてしないし、ましてや日本でないので調味料は不足しているが、すき焼き(肉豆腐?)を作ったところ、美味しいと言って食べてくれた。作ったこちらも気分がいい。いい眠りにつけそう。