中国蘭州で見た、いろいろありなセクキャバ

中国は蘭州に来た。西安から8時間くらいの夜行列車で到着。蘭州も省の首都だけあって交通量も豊富。やはりここまで来ても栄えているところは栄えている。

予約していたホステルまで行くと、何やら工事中であり、英語の全く通じない工事現場のおっさんにホステルの住所を見せると、「メイヨー!(中国語で「無い」の意味)」と言い放たれる。どういうことか分からず粘っていると、おっちゃんが鍵を持ってホステルの中を見せてくれた。何と、ホステルは工事中。ホステルがあった跡らしき壁の落書きは残っているが、中は瓦礫の山。こんなことありますか?信じられんと思いながらも、何とか別のホステルを見つけてチェックイン。こんな感じでホステル探しに苦労し、夜行列車でも殆どの寝れていなかったため、どっと疲れが出て昼間から爆睡した。そして起きたのは20時。せっかくなのでお勧めされたナイトマーケットへ。そしてナイトマーケットに行く途中のとある店で何とも面白い経験をした。

 

店からは歌声が聞こえてくるので、何か面白いショーでもしているのか?と思い入ってみると、中は薄暗く、丸テーブル2、30個並んでいて、中くらいの結婚式会場くらいの大きさの飲み屋みたいな感じ。ただ薄暗く怪しげな感じ。そこではおっさん達が酒を飲んだり、タバコ吸ったり、トランプをしたりしながら会話を楽しんでいる。よく見ると歌を歌っているのも客のおっさん達で、けっこう上手いが、ようはただのカラオケ。つまりはここまでは大きめのカジュアルめなスナックと言った感じ。

そこで俺も10元のビールを飲む。これもレストランとしては安めで、普通の飲み屋という感じ。ビール飲みながら歌聞いてまったりしていると、よく見るとおっさんの中にやたらボディーラインを強調する服を着たおばちゃん達が何人かいてふらふらしている。これほんとおばちゃんで、何なら50代の俺の母親とさして変わらない感じ。このおばちゃん達が、テーブルに座っているおっさん達に手当たり次第に声をかけては、何か断られたり、隣に座って話を始めたり、そして中にはおばちゃんに手を引かれて奥の方に行く人も。お、これは風俗か?と思いながら奥の方を見るも、薄暗くて奥に別室があるのかないのか、何をしているのか、ということは一切見れない。ちょっとすると連れてかれた男がスッキリしながらおばちゃんと一緒に戻ってくる。何だー、と妄想を膨らましながら目を凝らすも何にも見えない。でも見たい、だからおばちゃんに誘われたフリして奥の方をに行くことに。

そしたらそこは、特に別室もなく、ようはそこだけ灯りが消されていて真っ暗になっているのだ。そこで7、8組のカップルが社交ダンスみたいにゆっくり踊っている。何だ、踊るだけかい!踊るだけで中国のおっさんはこんな満足するのか、と思うも、よく目を凝らすと、尻を触っていたり、もはや踊らずに胸を揉みしだいていたり、何なら腰を思いっきり振っているおっさんもいる。でも服を脱いでいる訳ではない。そのまま果てたらどうすんの?そこまでは確かめきれなかった…。

 

でも中国人もこんな感じでストレス発散しているんだなぁ。という一面が見れて良かった。これも旅の醍醐味。中国人の生活に入り込めた感じがして満足だった一日でした。